三阪歯科医院

あかちゃん・こども歯科

第50回寺子屋歯っぴー塾

1月27日(土)第50回寺子屋歯っぴー塾が開催されました。2014年に始めた寺子屋ですがお陰様で10年が経過しました。

今回は口腔機能をテーマにしました。30名の参加を頂き1時間目は「むし歯・歯周病に次ぐ歯科の問題点口腔機能についてフレイル予防は口にあり」の題で院長より約1時間の講義がありました。現代の超少子超高齢社会において今までとは違う問題点が出てきました。食生活などによる環境の激変による口腔機能の発達不全、また超高齢者の増大に伴う口腔機能の低下から派生する低栄養からのサルコペニアロコモティブシンドローム認知症など要介護者が問題となってきました。

厚労省も5年前より口腔機能発達不全症、口腔機能低下症という病名で保険導入しました。口腔機能を発達や維持することが健康寿命を全うするキーポイントと言えます。三阪歯科医院 あかちゃん・こども歯科はこれまでにも増して口腔機能の発達や機能維持に関して力を入れていきます。

院長講話

2時間目は当院の管理栄養士・健康運動指導の士 和田紫央里による「フレイル予防体操」を行ないました。先づは風船を膨らせました。うまく膨らせない方もチラホラいました。

次にボールを使ったストレッチと軽い運動です。皆さんしっかり運動し体も温まってきました。次ぎに和田さん手作りのカズーの笛で呼吸の訓練です。童謡ふるさと(うさぎおいし♫)を皆で合奏(合唱)しました。抵抗感のある呼吸で口の周りが活性化されてきました。

最後にコグニサイズ(コグニション:認知とエクササイズ:運動全身を動かす運動と頭で考える課題とが組み合わさったもの)足踏みをしながら手は課題どうりに動かします。

皆さん結構混乱されていました。フレイルと認知症予防のためにも日頃からトレーニングをしてはいかがでしょうか。

ボールを使った体操

寺子屋屋歯っぴー塾来月は休講です。次回は3月23日(土)14:00〜です。

ゲストはピノキオの人形劇でお馴染み笑顔の宅急便ことドラさんです。とても楽しいですよ。皆様のご参加をお待ちしています。

和田さんのフレイル教室は2月8日(木)14:00からです。歌でお口周りと腹式呼吸を鍛えるまりっ子クラブは毎月木曜日13:30から開催しています。

皆さん奮ってご参加ください。

第51回寺子屋歯っぴー塾



 

忘年会

昨年の12月28日、忘年会が院長宅で催されました。スタッフとその家族が集まり、一年の締めくくりとして、和やかな雰囲気の中で年末を祝いました。

食事は焼肉屋「おんどる」の弁当、カキの炭火焼き、薪ストーブで焼いたピザ、そして院長の奥さんが作られたお惣菜という、シンプルながらも心のこもったメニューでした。子どもたちの笑顔が飛び交う中、スタッフ一同で美味しく食事を楽しみました。

食後にはビンゴ大会が行われ、院長からは手作りのメッセージ入り賞状がスタッフに配られました。院長の温かい言葉が記されたそれぞれの賞状は、私たち一人ひとりの心に深く響きました。

この忘年会は、単に楽しい時間を過ごすだけでなく、職場としての一体感を確認し合う場でもありました。過ぎ去ったイベントの思い出を振り返りながら、新たな年に向けての希望と活力を感じることができました。

 

春はすぐそこに

1月2日の自転車初乗り皿倉山ヒルクライム(40km)に続いて、1月14日(日)すごく天気が良く暖かかったので、軽いサイクリングを行いました。

畑貯水池の白木谷駐車場から白木谷展望台への途中立派な枝垂れ梅があり、日当たりの良い場所はチラホラ梅の花がほころんでいました。

春はもうそこまで来ています。

 

第50回寺子屋歯っぴー塾のお知らせ

 

今年も皆様の健康の維持に貢献できるよう精一杯取り組ませていただきます。よろしくお願いいたします。

今回は加齢に伴い注目されている「フレイル」と、それに先立って始まると言われている、口腔機能の衰え「オーラルフレイル」に焦点を当て、その予防と対策を解説します。健康長寿のために、ぜひご参加ください。

三阪歯科医院開業45周年記念「はつらつ歯っぴーコンサート」レビュー

2023年11月23日、「なかまハーモニーホール」で、三阪歯科医院開業45周年を祝う「はつらつ歯っぴーコンサート」が開催されました。三阪賢二院長をはじめとする音楽の仲間たちが、心地よいひと時を演出しました。

プログラム 1 頁

プログラム 2 頁

プログラム1: 美しき叙情歌

ソプラノ歌手の山﨑真理子さんとピアニスト黒崎愛さんがコラボレーション。名曲「まちぼうけ」「からたちの花」「落葉松」を繊細かつ情感豊かに披露し、聴衆を魅了しました。

プログラム2: 「風の谷のナウシカ」より組曲5つのメロディー

テナーサクソフォーン奏者の江口紀子さんと黒崎愛さんのピアノで、アニメ「風の谷のナウシカ」から「はるかな地へ」「遠い日々」「谷への道」が奏でられました。アニメの世界観を見事に音楽で表現していました。

プログラム3: まりっこクラブ

三阪歯科医院の「歯っぴールーム」で月に1度練習を行なっている合唱団「まりっこクラブ」が、山﨑真理子さんの指揮と松尾貴子さんのピアノ伴奏で「ちいさい秋見つけた」「私の青空」「涙くんさよなら」「白いブランコ」「いのちの歌」を披露。会場に温かい感動をもたらしました。

プログラム4: 魅惑のサクソフォーン

三阪賢二院長自らアルトサクソフォーンを演奏。松尾貴子さんのピアノと共に「いとしのエリー」「テイクファイブ」を情熱的に奏でました。

その後、師匠の江口紀子さんも加わり「糸」「サウンドオブミュージックメドレー」、アンコール「You raise me up」が演奏され、会場は拍手に包まれました。

演奏後は花束が


演奏後、三阪賢二院長からの暖かい挨拶があり、最後には「上を向いて歩こう」を会場の皆さんと合唱。明るい雰囲気で、一体感のある素晴らしいフィナーレとなりました。

会場の皆様と一緒に「上を向いて歩こう

「はつらつ歯っぴーコンサート」では、三阪歯科医院の45周年の感謝を音楽を通じこれまでお世話になった皆様にお伝えできました。今後も三阪歯科医院をよろしくお願いいたします。

第49回寺子屋歯っぴー塾を開催しました。

11月25日土曜日に楽しく学べる第49回寺子屋歯っぴー塾を開催しました。

 

最近、フレイル(体力の低下)への注目が高まり、徐々に皆さんもその重要性に気づき始めています。

 

今回のテーマは「いつまでも元気でいること」。プログラムは3部構成でした。

 

第1部では、「フラ・マヒナ・レフア」の素敵なパフォーマンスを楽しみました。アンコールを含めて8曲を披露していただき、その華やかな衣装と優雅な動き、そして何よりもその笑顔が素晴らしかったです。各曲の紹介では、曲の背景や動きが何を表しているのかを説明してくれたので、初めて見る人にも分かりやすく楽しめました。

ハワイアン・フラのパフォーマンス

第2部は、顔面体操について古代真琴さんが紹介してくれました。オーラルフレイル(口腔機能の衰え)の予防は全体的なフレイル予防にもつながります。顔面体操協会会長の古代さんから、楽しくできる「ひょっとこベー体操」の新しい動きが紹介されました。このイベントで初めてお披露目され、12月にはYouTubeでも公開されるそうです。ぜひお楽しみに!

顎顔面の筋力維持の大切さを訴える古代真琴さん

第3部では、古代真琴さんと寺子屋バンドの演奏がありました。当院の院長を含むスタッフで結成された即席バンドが、山下達郎の「クリスマス・イブ」と「Stand by Me」、そして真琴さんにはオリジナル曲「大和」を演奏していただきました。途中で機器に少しトラブルはありましたが、素敵なギターと歌声で盛り上げてくれました。

「大和」の演奏